きょうや式・星座別攻略法 ~蟹座の励まし方~

 

落ち込んでいるあの人を上手に励ましてあげたい…

でもどうやって声をかければ効果的なの?

星座ごとに、どんなことで落ち込みがちか、落ち込んだときに見せる言動、そして励まし方を分析しました!

 

 

〜かに座を上手に励ますには?〜

 

◆かに座さんはどんなときに落ち込むか

かに座さんは基本的に「現実での達成」=「周囲からの評価」がすべてで、現実で人から評価されたかどうかが自身のポイントになります。そのため、集団のなかでうまくやれていない場合、そのことはかなりのマイナス要因になります。周囲との人間関係がうまくいかないことがストレスの原因となり、しまいには周囲に対して疑心暗鬼の状態になってしまうのです。

それらはとくに、職場や学校などにいる周囲の人々が、かに座さんにとって「味方ではない」と感じたときに激しく出る性質です。いっぽうで、周囲がみんな味方だと信じられる状況下では、ほかの星座の人にはストレスに感じそうなことにも平気で耐えられます。つまり、職場や学校での不満の数は、その場でかに座さんが味方だとは感じられない人の数のパーセンテージと比例するのです。

また、本当は味方してくれている人もいるのに、かに座さんはある一定以上に気分が落ち込むと「みんな敵だ」と思い込んでしまうこともあります。

 

◆かに座さんが落ち込んでいるときの言動

かに座さんは落ち込むとかなり分かりやすく、愚痴っぽくなります。とくに、かに座男性はいじいじとして、近しい人に自分の感情を隠しきれないという側面が強く出ます。話に乗ってあげると、その話はくどくて長いです。客観性派なく、好きか嫌いのいずれかの感情がすべてになります。一度嫌いだと認識してしまった人のことは、徹底的に攻撃しても悪いとは思わないので、嫌いな人について話すとき、無意識のうちに話を聞いている側までその人を嫌いになるような話し方をします。しかも、人をそそのかして、嫌いな人を攻撃させようとすることもあるので、話を聞く側は一応の用心が必要です。

また、かに座さんが相談したことに対して、相手が同意してくれないと、その人のことまで敵のような見ることもあります。自分が信じる人に対しては、全面的に味方に立ってほしいと考えるのです。そこには、感情的にふるまうことはみっともないという発想など、まったくありません。嫌いな人には嫌いだと露骨にふるまい、信頼できる人と一緒にいるときも嫌いな人のことを理屈抜きで悪く言ったりします。

このように、かに座さんの悩みはある人が嫌いであるかどうかが焦点になっています。しかし、それ以外の現実的なこと、たとえば仕事や学業の成績が上がらないというような悩みに対しては、希望が持てる限りはひたすら頑張ります。人間的な意味で好き嫌いを感じない分野に関しては、批判力は行き渡らず、それが悪いものでなければ積極的に頑張る傾向です。

 

◆かに座さんの励まし方

かに座さんを励ましたいなら、とにかく一緒にいてあげることです。放っておかれることを嫌い、過保護なまでに世話を焼かれても迷惑がらない星座です。とくに、本人が何かを頑張ろうとしているときは、人を非常に必要とするので、黙って寄り添ってあげるだけでもエネルギーになります。

嫌いな人の話に及ぶときは注意が必要です。かに座さんは、相手が悪気があってやったわけではないことまで、悪意で攻撃されたと思い込んでいます。そのため、その誤解を穏やかに解いてあげることが大切です。相手の悪口に対しては、ある程度まで付き合ってあげることも必要になります。

励ますときには、話を途中で切らず、時間が無限にあるかのように接することも大切です。話すべき会話だけを話したら切り上げるような合理的な会話をすると「冷たい」と思われる可能性があるでしょう。

かに座さんの相談内容は、客観性は薄く、本人の思い込みが強い傾向があります。ですから、相談を真に受けるのではなく、かに座さんにどうアドバイスしたら本来の気力を取り戻せるかに焦点を当てて、アドバイスするとよいでしょう。それ以外はひらすら同情モードでも構いません。

 

 

 

 

占いWalker編集部

About 占いWalker編集部

株式会社KADOKAWAとSTARMARK HOLDINGS PTE. LTD.で共同運営する占いコンテンツサイトです。