今でしょ?占い師がおすすめする金運財布の新調タイミングとは?

金運財布

 

お財布がだんだんくたびれてくると、「そろそろ買おうかな……」という気持ちになりますね。しかし、せっかく買うのなら、金運の良くなる買い方をしたいもの。でも、いつ買ったらいいのか? 結局よくわからないことが多いと思います。そこで今回は、金運財布を購入する、おすすめのタイミングをご紹介します。

 

 

■暦の上での吉日を選ぶ

金運アップさせるための財布の買い方で、基本となるのは、暦の上で「吉日」とされる日を選ぶ、ということです。

 

金運によい吉日には、何種類かあります。まず、有名なのが「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」。宝くじ売り場などにも、その日が来ると「本日一粒万倍日!」と旗がかかりますので、見たことがある方も多いかもしれません。文字のとおり、一粒のものが万粒にもなる日として、縁起がよく、お財布を買うのにもおすすめです。

次に、「大安」これも宝くじ売り場に、「本日大安」などと書かれる、有名な吉日です。

そして「寅の日」と「巳の日」のふたつ。寅の日については、虎という生き物は足が速く、財布から出て行ったお金もすぐに財布に戻ってくる! という意味合いで、縁起が良いと言われています。一方の巳の日ですが、巳とはつまり、ヘビですよね。ヘビは、金運の女神といわれる弁財天のおつかいとなっている生き物です。それで、弁財天に縁ありとして、巳の日は金運に良い、と言われているのです。

 

 

■新月→満月までの間

金運のことを気に掛けて財布を買うのなら、是非、月齢も気にしてみてください。これから月が満ちる過程である、新月から満月の間に購入するのがベストです。反対に、月が欠けていく過程である、満月から新月の間には、エネルギーが減退するといいますので、金運にはあまり良い時期とは言えないかも知れません。

 

 

■出会った財布とのご縁を大切に

最も大切なのは、財布とあなたとの「出会い」を大切にすることです。気に入った財布を店頭で見かけた、その日が吉日でなかったとしても、お取り置きをしてくれる店舗でもなければ、見つけた財布は吉日までに売り切れてしまうかもしれません。

金運を良くするために大切なのは、その財布を気に入り、あなた自身が大切にしてあげること。ですから、気に入ったお財布を見つけたのなら、吉日よりも、あなたの感情を優先すべきです。

もっと言ってしまえば、そもそも財布を見に行くのは吉日だけ! と決めておけば、「今日は吉日ではないけど、この財布が気に入ってしまった……」という事態が起こりづらいので、おすすめです。

 

 

おわりに

 

いかがでしたか? 金運のお財布、結構色々なタイミングで買えそう! と思われたのではないでしょうか。時折、吉日と、仏滅など「良くない日」が重なることもありますので、そのような日はできるだけ避け、「良くない日取りと重ならない吉日」を選択するのが最も良いといえますね。

占いWalker編集部

About 占いWalker編集部

株式会社KADOKAWAとSTARMARK HOLDINGS PTE. LTD.で共同運営する占いコンテンツサイトです。