鏡リュウジが占う3月の運勢

3月は、西洋占星術にとって「終わりの始まり」の月。

春分の日である20日に、太陽は12星座の最後に位置する魚座から、トップを走る牡羊座へと移っていきます。

しかも月の前半には、この魚座に多くの惑星が集合し、魚座的エネルギーが高まることを暗示。

すべてが受け入れられ浄化されたのち、新しい物語が始まっていくと考えられます。

さて、あなたが今月、生み出していく新しい物語とはどのようなものでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

コンテンツ提供:「鏡リュウジ占星術」

太陽星座がおひつじ座

今月のテーマ:「自分自身を見失わないようにして」

うお座

おうし座

おひつじ座の今月の運勢

この言葉は、優秀な人のところに仕事が集中する様子を表したものですが、3月のあなたはまさにその状態。

あちこちから「これをお願い」「あなたでなくてはダメ」と矢継ぎばやに依頼が入ってきそうです。

いずれも大切な相手であって、あなたとしては断りにくく、当然、優先順位もつけにくいといった状況になるでしょう。

とりあえず手をつけはするものの、月の半ばまで逆行を続ける水星は物事がなかなか思うようにいかないと暗示しています…。

でも、ここは何とかして優先順位をつけて、ひとつずつ片づけていかねばなりません。

幸い、水星の逆行は月半ばに終了。

ほぼ同時に牡羊座の支配星である火星がよいポジションに入り、あなたの背中を押してくれます。

中旬からは、勢いに任せ、依頼された仕事をどんどん処理できるようになるでしょう。

このとき注意したいのは、仕事に追われて自分自身を見失いかねない点です。

忙しくとも、美術展やコンサートなどに足を運び、心を解放する時間を作ってくださいね。

太陽星座がおうし座

今月のテーマ:「多くの人と交流して視野を広げましょう」

おひつじ座

ふたご座

おうし座の今月の運勢

3月は、たくさんの人と接し、次のステージへと進むための準備の月となるでしょう。

あなたの社交性が高まり、そんなあなたを周囲も放っておきません。

送別会や歓迎会といったパーティー、あるいはセミナーなどのイベントが開催されるときは、必ずあなたにお呼びがかかります。

年度末で忙しいかもしれませんが、どのお誘いにもできるだけ顔を出すようにしてください。

実はこの月は、これまでのやり方では対処しきれない問題が生じる可能性が高いでしょう。

その問題解決のヒントが、新しい出会いのなかで得られる暗示があるのです。

新しく知り合った相手の話には素直に耳を傾け、いいと思ったアイデアは、すぐにメモするか、実行してみてください。

予想以上の好結果を得られますよ。

なお、月のなかばには、コミュニケーションの星・水星が順行に戻ります。

この頃には、目からウロコが落ちるような話を聞かせてくれる相手と出会い、あなた自身大きく成長できるでしょう。

普段、つき合いのない世代との交流もおすすめです。

太陽星座がふたご座

今月のテーマ:「大勢の人に認められるとき。自信を持って」

おうし座

かに座

ふたご座の今月の運勢

これまでコツコツ進めてきたことが形となり、周囲から評価されそうです。

もっとも、あなた自身は「好きだから、ただやっていた」というだけで、驚くかもしれませんが、遠慮せずに堂々とその評価を享受しましょう。

それにともない、あなたのなかにちょっとした野心が生まれそうです。

もっと今よりもいい場所に住みたい、もっと高いポストを得たい…そう思ったら、ぜひ現実のものとするべく行動を起こしてみてください。

幸運の星・木星が後押しをしてくれますよ。

もっとも、支配星である水星が逆行している中旬までは、スムーズにことは展開しないかもしれません。

ただ、それには理由があるはずです。

何がいけないのか、ちゃんと見極めてから再スタートさせると、より確実な成功への道を進んでいけるでしょう。

なお、この時期は一見、自分とは関係のない人にはそっけない態度をとってしまいそうです。

でも、のちのちその人物がキーパーソンとなる可能性があります。

どんな人に対しても誠実に対応してくださいね。

太陽星座がかに座

今月のテーマ:「浮かんだ疑問はできるだけ自力で解決して」

ふたご座

しし座

かに座の今月の運勢

探究心が高まります。

これまではなんとなくスルーしてきたものが、なぜかこの月に入ると、何を見ても「なぜそうなるの?」と、いちいち調べたり、詳しそうな人にあれこれたずねたりしてみたくなるでしょう。

ただ、水星が逆行している月なかばまでは、なかなか満足のいく答えを得られない暗示。

そのため、心のなかに不満が積もり、イライラが募ってしまうかもしれません。

また、そんなあなたに周囲もどう接していけばいいのかわからず、ギクシャクしてしまいそうです。

この時期は、あまり人に多くを求めないのが無難。

わからないことがあれば、まずインターネットで検索をかけたり、図書館や大型書店などに足を運んだりして、なるべく自力で調べましょう。

後半になれば、次第に答えが見えてきますよ。

また、そうして自身で疑問を解決しようとする姿勢が、仕事の関係者の目にとまるのでしょう。

何らかのプロジェクトに誘われる可能性があります。

活躍の場の拡大につながりますから、できるだけ引き受けてみてください。

太陽星座がしし座

今月のテーマ:「人との関わり方を見直してみましょう」

かに座

おとめ座

しし座の今月の運勢

これまで以上に、深く人と関わっていきたいという気持ちが強まっていくでしょう。

ただ、この時期はコミュニケーションの星・水星が月なかばまで逆行しています。

人との距離感の取り方が難しいことを暗示しています。

自分の気持ちが相手に伝わらないうえ、相手の気持ちも今ひとつつかみにくい…という状況にイライラが募ってしまいそうです。

でも、その感情をストレートに爆発させずに、周囲との理解を深める方法探究のエネルギーに回してみましょう。

例えば、カフェで人間観察をしてみたり、上手な人間関係の築き方のハウツー本をチェックしてみたりしてください。

また、哲学書にチャレンジするのもおすすめです。

このほかに、絵画や音楽に触れる機会を増やすと、人の心の機微が見えてきて、人間そのものに対する理解が深まっていきますよ。

なお、この時期は海外のコスメやスキンケアアイテムがあなたの美を引きだしてくれそうです。

季節の変わり目でもあり、肌の調子が今ひとつと感じているあなたは、そうしたサイトをチェックしてみましょう。

太陽星座がおとめ座

今月のテーマ:「人とのつき合い方に変化が。上手に自己主張を」

しし座

てんびん座

おとめ座の今月の運勢

人脈が広がり、これまで縁のなかったタイプとのつき合いも増えてきます。

初対面にもかかわらず、話が盛り上がる人物と出会えるかもしれません。

同時に、これまでよく知っていると思っていた友人知人の意外な一面をかいま見るなど、人間関係で驚かされることが増えそうです。

コミュケーションの星・水星が逆行している月なかばまでは、周囲の人たちとの距離感がなかなかうまくとれずに、気疲れしてグッタリしてしまう日もあるでしょう。

この時期は、もっと相手を理解しよう、あるいは自分を理解してもらおうとがんばるよりも、つかず離れずのスタンスに立ってください。

相手が思いがけない行動をとったら「そういう人なんだな」と、さらりと受け流すくらいの気持ちでいるのがよさそうです。

月の後半になれば、物事はスムーズに展開していきますし、また、活性化していた人脈拡大の流れもひと段落します。

今後もつき合っていけそうな相手も絞り込まれ、自分のペースでつき合っていけるでしょう。

太陽星座がてんびん座

今月のテーマ:「周囲への細やかな配慮を心がける」

おとめ座

さそり座

てんびん座の今月の運勢

公私ともに忙しくなりそうですが、そんな時期だからこそ、周囲への気配りを大切にしたい時期です。

そうすれば壁にぶつかっても、タイミングよく助けの手を差し伸べてもらえるでしょう。

特に月なかばまでは、知的活動の星・水星が逆行しており、仕事の場で物事が滞るのを暗示しています。

できること、できないことをはっきりさせ、できないことは遠慮せずに、できる人にお願いする。

そして自分ができることは手を抜かずに仕上げる。

この「自分の責任をきちんと果たす」という姿勢が周囲からの信頼を高め、ステップアップへとつながります。

なお、今月は誰も目を向けていないニッチな部分に、成功へのカギがある様子。

何をするにも、細かい部分まで丁寧にチェックしていきましょう。

また、生活のリズムが崩れたり、ストレスがたまったりしやすく、ボディラインが変化しやすくなっています。

野菜を多くとり、休日はスパやエステに出かけるなどして、普段より心身のケアに努めてください。

太陽星座がさそり座

今月のテーマ:「これまでやったことのないことに挑戦!」

てんびん座

いて座

さそり座の今月の運勢

何をするにも意欲的に取り組める月です。

興味はあったものの踏み切れないでいたことに挑戦してみましょう。

創作意欲もわき上がってきますから、そのための時間をとってみてください。

最初からうまくいくのはまれですが、そこで「やーめた」とするのは、あまりにももったいない!

実は、月のなかばまでは、知性の星・水星が逆行し、物事がスムーズにいかないことを暗示しています。

「うまくいかなくて当たり前」くらいの気軽さで、とにかく始めてみるのが大切です。

失敗しながらも取り組んでいくうちに、楽しさを感じられるようになってくるでしょう。

そうなればしめたもの。

とことんまで追究し、ゆくゆくはその道の権威となれるかもしれません。

ただ、この時期、その場のノリで人におごったり、誰かの関心を引くために貢いだりなど散財する危険性も見え隠れしています。

せっかくの創作活動への意欲も、資金不足で断念…などということにならないよう、クレジットカードは家に置いて、何をするにも現金で支払うなど対策を講じておきましょう。

太陽星座がいて座

今月のテーマ:「自分の足下をしっかり固めて」

さそり座

やぎ座

いて座の今月の運勢

家族や身近な人々との絆をしっかりと結び直したい月です。

ただ、月なかばまではコミュニケーションの星・水星が逆行。

意思の疎通がうまくいかず、むしろ感情的になって衝突してしまうことを暗示しています。

互いに「家族なんだから、わかっているはず」という気持ちがあり、それが甘えとなって出てしまうのでしょう。

でも、普段はどんなに仲がよく、以心伝心といった関係であっても、この時期だけは、できるだけ自分の気持ちを言葉にして伝えるようにしてください。

離れて暮らしているのであれば、メールよりも電話がおすすめです。

何かをお願いするといった難しい話であれば、実際に会って話す時間を作りましょう。

仕事に関しても同様。

何をするにも、きちんと文字で記録しておくようにするとトラブルを防げます。

むしろ、そうした慎重な対応が周囲からの信頼度を高めるでしょう。

下旬に入ると、あなたのなかの創作意欲も高まり、周囲を驚かせるようなアイデアが次々とわき出します。

活躍の場が拡大していきそうですよ。

太陽星座がやぎ座

今月のテーマ:「枠にとらわれず好奇心を大切に」

いて座

みずがめ座

やぎ座の今月の運勢

知的好奇心が刺激され、あちこちに目移りしてしまいそうです。

フットワークも軽くなるので、自然と人脈も拡大していくでしょう。

ただ、月なかばまではコミュニケーションの星・水星が逆行しています。

互いに間違った情報で相手を記憶していた…なんてこともあるかもしれませんね。

ただ、そうした誤解も、この時期なら笑い話で済ませられます。

むしろ注意したいのは、冗談のつもりが相手を深く傷つけてしまったり、自分の意見を声高に主張して、みんなのやる気をそいだりしかねない点でしょう。

「口は災いのもと」を肝に銘じておきましょう。

でも下旬になれば、その傾向は薄れ、むしろ周囲をくつろがせて楽しませようとする姿勢が前面に出てきます。

このとき、特に役立つあてはないものの、以前から興味のあった習い事を始めてみたり、幅広いジャンルの本や映画に触れたりするのもおすすめです。

視野が広がり、多くの人を受け入れられる寛容さを身につけられます。

同時に、「情報通」として名をはせ、あなたのもとに多くの人が集まってくるでしょう。

太陽星座がみずがめ座

今月のテーマ:「何に対してもじっくりとつき合っていきましょう」

やぎ座

うお座

みずがめ座の今月の運勢

月のなかばまで水星が逆行。

物事が思うように進まずにイライラすることを暗示しています。

でも視点を変えれば、これはひとつのことにじっくり取り組み、完成度を上げられるといえるでしょう。

これを機に、これまで気になっていたものの、つい後回しにしていた仕事、あるいは家のなかのことなどに向き合ってみてください。

また、美容にも効果が期待できる星回りでもあります。

季節の変わり目。

ひとつ肌質改善にじっくりと取り組んでみてはいかがでしょうか?

なお後半になると、人間関係に華やかな要素が加わってきます。

この時期のあなたは、コミュニケーション能力が高まると同時に、ハイクラスの人びとと交流するチャンスが増えてきそうです。

そうした人たちと対等に話し合えるよう、普段から雑誌やネットで、トレンドや社会情勢をチェックしましょう。

同時に、「古典」と呼ばれるものにも触れてみてください。

そうした日々の積み重ねが、あなた自身の人間性を深め、多くの人を魅了する輝きとなっていくでしょう。

太陽星座がうお座

今月のテーマ:「自分のなかにある強さを信じて進みましょう」

みずがめ座

おひつじ座

うお座の今月の運勢

これまで、あなた自身も気づかなかった可能性や能力を目覚めさせるチャンスが訪れる月です。

ただ、それはちょっとしたトラブルという形であなたのもとにやってくるでしょう。

でも、そこで逃げずに、解決に向けて自分ができることを精一杯やってみてください。

気づけば、問題は無事解決。

これまで無理だと思っていたことができるようになっていた!という嬉しい展開となっていそうです。

そして、この経験がひとつの自信となり、今後の活躍へとつなげていけるでしょう。

ただ、このとき注意したいのは、グチをこぼしたり、屁理屈をこねたりしがちな点です。

せっかくの評価が一気に下がってしまいます。

ネガティブなことを口にしてしまうのは、慣れないことをして心身が疲れているからです。

そんなときは、ちょっと高くてもおいしいと評判の店で食事をしたり、いつもよりワンランク上の素材のベッドリネンを購入し、睡眠時間をリッチなものにしたりするのがおすすめ。

明日への英気が養われ、活躍の場が広がっていきます。

コンテンツ提供:「鏡リュウジ占星術」

鏡リュウジ

About 鏡リュウジ

1968年、京都府生まれ。占星術研究家・翻訳家。 国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。 10歳でタロットに出会い、魔術・占星術などに関心を持つ。16歳頃に雑誌でコラムの連載を開始する。占星術、占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介し、従来の「占い」のイメージを一新、多くの女性から圧倒的な支持を受けている。 雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いメディアで活躍中。 主な著書 『鏡リュウジの星座占い』(新潮社) 『オルフェウスの卵』(実業之日本社)など多数 英国占星術協会、英国職業占星術協会会員。日本トランスパーソナル学会理事。平安女学院大学客員教授。