鏡リュウジが占う2月の運勢

2月、まだまだ寒い日が続きますが、暦のうえではもう春です。

「光の春」という言葉がありますが実際、立春を過ぎると空気のなかに、それまでとは違うものがあるように感じられませんか?

ちなみにこの「光の春」という言葉は、ロシアの慣用句だとか。

日本より寒さの厳しい土地だからこそ、ささやかな春への兆しに敏感になるのかもしれませんね。

そして星の動きも、変化への兆しを示しています。

それは何か、さっそく見ていきましょう。

コンテンツ提供:「鏡リュウジ占星術」

太陽星座がおひつじ座

今月のテーマ:「行動を起こす前に入念なリサーチをお忘れなく」

うお座

おうし座

おひつじ座の今月の運勢

2月のあなたは、価値観の違う人との交流を通じて、より広い視野を身につけられます。

さらには、活躍の場を広げられますから、ちょっとしたパーティーなどに誘われたら、気軽に参加していきましょう。

その道のオーソリティと呼ばれるような人と知り合い、そこから一気にネットワークが拡大していく暗示もありますよ。

このとき意識したいのは、自分と違う意見を聞かされたり、反論されたりしても、それを受け入れるだけの余裕を持つ姿勢でしょう。
というのも、この時期のあなたは、感情のコントロールがうまくいかずに、カッとなって反論する傾向が強くなっているためです。

そうすると、せっかくの人脈拡大のチャンスをふいにしてしまうことに…。

これは仕事や買い物の場面も同様です。

「これはいい」と思っても、すぐに飛びつくと、あとで痛い目を見るかもしれません。

特に下旬からは、水星が逆行。

判断ミスの危険性が高まっていると暗示しています。

くれぐれも行動を起こす前に、十分なリサーチをしてくださいね。

太陽星座がおうし座

今月のテーマ:「何をするにも粘り強く取り組んでいきましょう」

おひつじ座

ふたご座

おうし座の今月の運勢

2月のあなたは、社会的成功を収めるチャンスに恵まれています。

でも、そのチャンスを確実にものにするには、地道な努力が欠かせません。

毎日、変わりばえのしない仕事をしているとつまらなく思っているかもしれませんが、その一方で、その積み重ねが大きな実りをもたらすと知っているはずです。

何事も持ち前の粘り強さを発揮し、取り組んでいってくださいね。

幸い、周囲のサポートも期待できるときです。

うまくいかない案件などは、信頼できる人に相談してみましょう。

目からウロコが落ちるようなアドバイスをもらえそうですし、場合によっては、実際に力を貸してくれるかもしれません。

ただし、下旬になると水星が逆行します。

これは、情報の錯そうを暗示していますから、この時期になったら人のアドバイスをうのみにするのではなく、いったん検証する慎重さを持ちたいものです。

また、うわさ話からも距離を置くこと。

何気なく発したひと言が、めぐりめぐって、あなたの立場を危うくします。

太陽星座がふたご座

今月のテーマ:「わき上がる情熱に身を任せて」

おうし座

かに座

ふたご座の今月の運勢

2月のあなたは、持ち前の好奇心を発揮することで、大きな成長と成功を手にできます。

何をするにも、これまでとは違う角度からアプローチしていけるので、「こういうやり方もある」と次から次へとアイデアがわいてくるはずです。

頭で考えるよりもまず、心のおもむくままに手をつけていくと、それが思いがけない成果をもたらします。

なお、海外に出かけるチャンスが生まれたら、ぜひスケジュールを調整して出かけましょう。

得られるものがありますよ。

また、大学の公開講座、資格を得るためのスクーリングなどにも参加してみましょう。

そこで得た知識や経験を、職場や家庭、仲間内に披露すると「じゃあ、これをお願いしたいんだけど」といった具合に展開しそうです。

ただ、下旬に入ると守護星である水星が逆行。

思い込みから、誤った情報を伝えたり伝えられたりする暗示があります。

うわさなどはうのみにしないでくださいね。

また、話を大げさに伝えると、その結果「いいかげんな人」となりかねませんので注意しましょう。

太陽星座がかに座

今月のテーマ:「知的探究心に火がつくとき。徹底的に取り組んで」

ふたご座

しし座

かに座の今月の運勢

2月は、何をするにも徹底的に取り組んでみましょう。

これまで気づかなかった世界をかいま見て、それをきっかけに次のステージへと進んでいけるはずです。

その後押しをしてくれるのが、ライバルと呼べるような人物の登場。

自分と同じレベルなのに、相手の方が自分よりも評価されているように感じる…。

そんな状況に、少し落ち込むかもしれません。

ですが、ここで「よし、自分もやってやろう」と奮起してみてください。

これまで身につけてきたやり方だけで勝負しようとするのではなく、周囲に目を向けて、今、どのような方法が主流なのか、これからはどんなやり方がベストなのか研究していきましょう。

そんな前向きな姿勢が、あなたを大きく成長させるのは当然、周囲からの期待値や信頼度、そして評価も高まっていきます。

ただし、下旬に入ると知識の星・水星が逆行します。

思うように物事が進まなかったり、勘違いしたりする暗示がありますから、何をするにも慎重に進めていくようにしましょう。

太陽星座がしし座

今月のテーマ:「環境に変化が訪れます。人間関係に配慮を」

かに座

おとめ座

しし座の今月の運勢

1月末あたりから感じているかもしれませんが、人との距離の取り方が変化しています。

あなた自身が変化したのか、周囲のあなたに対する評価が変わったのか、あるいは両方か。

いずれにしても、周囲から助けを求められる機会が増えてきますから、快く応じてあげましょう。

人間に対する洞察力が鋭くなっているときなので、的確なアドバイスやサポートができるはずです。

その結果、あなたのスキルと評判が高まり、新しい人脈開拓、思いがけない報酬へと展開していく可能性もありますよ。

また、この時期は、ビューティー運もアップしています。

エクササイズやダイエットなどにつき合ってくれる人物に出会い、互いに励まし合って理想のプロポーションを手に入れられそうです。

ただし、下旬になると水星が逆行。

人とのコミュニケーションがギクシャクしてしまう危険性を暗示しています。

「あの人は、本当はこういう人」といった思い込みは危険です。

目の前にいる人物を、あるがまま受け止めるようにしてください。

太陽星座がおとめ座

今月のテーマ:「あえてサポート役に回り、タイミングをはかっていきましょう」

しし座

てんびん座

おとめ座の今月の運勢

2月は、持ち前の優れた観察力を発揮してください。

そして相手が今、何を必要しているかを見極め、的確なサポートをしてあげましょう。

「縁の下の力持ち」に徹するあなたの姿は、多くの人の心に強く印象づけられます。

信頼度が高まり、「あなただから任せたい」といった仕事へとつながっていきますよ。

もっとも、あなたのなかで「どうして自分ばかり」と割をくったような気持ちになるときもあるでしょう。

だからといって、自分からアピールしていくには、まだ力不足。

何をするにもタイミングをはかるようにしてください。

特に、2月下旬になると、守護星である水星が逆行をスタートします。

周囲との間に誤解が生じやすくなる暗示がありますから、自分から行動を起こすのは控えて、受け身に徹するのが無難です。

また、周囲のサポートに力を入れすぎて、自分のことを後回しにしてしまう傾向もあります。

時には、エステやネイルサロン、またスパなどに出かけて、自分にごほうびを上げるのも忘れないでくださいね。

太陽星座がてんびん座

今月のテーマ:「やってみたかったことに、気軽に挑戦を」

おとめ座

さそり座

てんびん座の今月の運勢

2月は、これまでやりたかったことに挑戦するチャンスがやってきます。

といっても、実際にやるとなると「本当に自分なんかにできるのだろうか…」と腰がひけてしまうかもしれません。

これまでは何をするにも経験をもとにして対処できたものの、これから取り組もうとするのは、ほとんど未知の世界、あるいはいったんあきらめた過去があるからでしょうか。

でも、この月のあなたが挑もうとしているものは、実際にやってみれば、結構いいところまでいけそうですよ。

失敗をおそれず、経験値を上げるという程度の気軽さで、チャレンジしてみてください。

特に芸術やレジャーに関連したものは、周囲から高い評価を得られといったオマケがありそうです。

なお、うまく物事を進めるコツは、休むときにしっかり休むこと。

特に、下旬に入ると水星が逆行し、健康面でのトラブルを暗示しています。

ストイックすぎる食生活や、考え過ぎによる睡眠不足などから体調を崩すことのないようにしてください。

太陽星座がさそり座

今月のテーマ:「まず、自分を大切にしましょう」

てんびん座

いて座

さそり座の今月の運勢

2月は、望むと望まざるとにかかわらず、さまざまな変化が訪れそうです。

このとき大切なのは、手間と費用を惜しまず、どのような事態になっても前向きに受け止め、さらにチャレンジしていく姿勢。

何もせずに「どうしてこんなことに…」と途方に暮れているだけでは、居心地が悪いまま、時間だけがたってしまうでしょう。

問題を解決していこうと行動するなかで、あなたは刺激を受け、視野が広がり、精神的に大きく成長できるはずです。

ただ、何をするにも1人で解決しようとしないでくださいね。

悩みやトラブルが生じたら、家族やあなたを昔から知っている友達に相談してみましょう。

的確なアドバイスをくれたり、力を貸してくれたりしそうです。

もちろん、それに対するお礼は十分にしておきましょう。

なお、下旬になると水星が逆行を開始します。

奥歯に物のはさまったような言い方をしたり、自分の言いたいことを理解してもらえず、つい感情的な態度をとってしまったりしそうですから、注意しましょう。

太陽星座がいて座

今月のテーマ:「注意力散漫なとき。あらゆる手段で対応策を講じて」

さそり座

やぎ座

いて座の今月の運勢

2月になると、あなたのなかの好奇心が活性化するでしょう。

休日にはあちこち見て回りたくなったり、たくさんの人とつき合いたくなったりしそうです。

また、コミュニケーション能力も高まり、パーティーの主役となって人を楽しませることもできるでしょう。

そのため、あちらこちらから、お誘いがかかりそうですよ。

人脈を広げ、知性に磨きをかけるためにも、そうした多くの人が一堂に会する場には、できるだけ参加していきましょう。

でも、同時に注意力が散漫になっているため、ダブルブッキングやスケジュールの抜けなどが頻発し、約束をすっぽかして信用を失ってしまうおそれも…。

しかも、下旬になると水星が逆行し、スケジュール管理が乱れやすくなる暗示があります。

携帯のアラームやリマインド機能だけでなく、カレンダーやスケジュールノートにメモ、さらには誰かに「この日になったら確認のための声をかけて」とお願いしておくなど、念には念を入れて対策を講じましょう。

太陽星座がやぎ座

今月のテーマ:「何をするにもギリギリまで粘ってみて」

いて座

みずがめ座

やぎ座の今月の運勢

2月になると、何に対してもじっくりと取り組みたいという気持ちが高まってきそうです。

例えば仕事などで、これで悪いわけではないけれども、何かもうひとつ足りない気がする…という感覚が生まれてくるでしょう。

これまでなら「とりあえずできたのだから、これで終わらせてしまおう」としていたかもしれません。

ですが、今月に限っては、もう少し粘って取り組んでみましょう。

手当たり次第に、あらゆるジャンルの本を読んだり、映画を観たりしてみてください。

また友達とおしゃべりする時間をとると、あなたのなかに生じた「足りないもの」の正体が明らかになり、それを補う何かを発見できるでしょう。

その結果、ベストな形で仕上げることができ、予想以上の評価や成果を手にできるはずです。

場合によっては、臨時収入や昇給などにつながるかもしれませんね。

ただ、下旬になると水星が逆行を開始します。

周囲とのコミュニケーションがギクシャクしたり、デマを信じてしまって失敗したりする可能性がありますから、慎重に物事を進めていきましょう。

太陽星座がみずがめ座

今月のテーマ:「眠っていた能力開発に力を入れましょう」

やぎ座

うお座

みずがめ座の今月の運勢

2月のあなたは、これまでとは違う自分を発見するのに力を入れましょう。

これまでやったことのないような話が持ち込まれ、これまでのあなたなら「ちょっと難しい」と断っていたかもしれません。

でも、今月はぜひ「やらせてください」と返事をしてみましょう。

実際、その話をふられたのも、あなたならできると見込んでのことなのです。

引き受ければ、自分では気づかなかった能力が引き出され、思った以上の成果をあげられますよ。

このとき、すべてを自分でやってしまおうとするのではなく、周囲の協力を得て進めていくのがうまく進める秘けつです

そのために費用が発生するとしても、それは必要経費と考えてください。

成功すれば、それを補ってあまりあるだけの報酬を手にできますよ。

なお、この時期は美容に投資すると、セルフケアよりも効果がでるとき。

プロの手を借りて、眠っていた美を目覚めさせましょう。

気になるのは、下旬に起こる水星の逆行です。

利益を追求するあまり、周囲がひいてしまうような言動をとってしまうかも…。

太陽星座がうお座

今月のテーマ:「じっくりと観察し、そして、取り組んでいきましょう」

みずがめ座

おひつじ座

うお座の今月の運勢

2月は、何をするにも事前に確認するクセをつけましょう。

そうすることで失敗を防ぎ、周囲の信頼度を高めていけます。

この月のあなたは、あまり物事を深く考えたくないと、適当に物事を流してしまいがち。

そして、はっきりさせないまま物事が進んでいってしまい、ハッと気づくと、のっぴきならない状況に追い込まれていた…となりやすいのです。

また、下旬になると、水星が逆行。

周囲とのコミュニケーションや物事が思うようにならずイライラしたり、おしゃべりで失敗したりする暗示があります。

後悔先に立たず、とならないよう、1カ月を通じて、何をするにもていねいな対応を心がけてください。

その一方で、この時期は、美に対するこだわりが強くなるときです。

精神的に疲れたときには、美術館やコンサートに足を運んでみてください。

また、自分自身で何か芸術活動にたずさわるのもおすすめです。

非日常的な空間に身を置き、心満たされる時間を作ることで、英気を養いましょう。

コンテンツ提供:「鏡リュウジ占星術」

鏡リュウジ

About 鏡リュウジ

1968年、京都府生まれ。占星術研究家・翻訳家。 国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。 10歳でタロットに出会い、魔術・占星術などに関心を持つ。16歳頃に雑誌でコラムの連載を開始する。占星術、占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介し、従来の「占い」のイメージを一新、多くの女性から圧倒的な支持を受けている。 雑誌、テレビ、ラジオなど幅広いメディアで活躍中。 主な著書 『鏡リュウジの星座占い』(新潮社) 『オルフェウスの卵』(実業之日本社)など多数 英国占星術協会、英国職業占星術協会会員。日本トランスパーソナル学会理事。平安女学院大学客員教授。