最近ツイていないのは鏡のせい!?幸運を引き寄せる鏡の置き場所とは

最近ついてない

 

風水には、インテリアアイテムとして、「鏡」が至るところで登場します。ここに鏡を置いてはいけない、という話はよくありますが、それならば、どこに鏡を設置すれば、幸運を引き寄せることができるのでしょうか?

 

鏡は、光を反射するその特性から、風水では「幸運の気を跳ね返す」といわれ、設置していい場所とそうでない場所が細かく決められていると言われることもあります。しかし、実際にはそれほど風水に、細かい規定があるわけではありません。

 

風水では、「跳ね返す」のは副作用的な意味合いに過ぎません。むしろ、「現状を映す=2倍にする」ことを重視していただきたいと思います。つまり、あなたにとって幸運のもの、良いもの、すてきなものを映せば、その幸運は2倍に。一方で、汚いもの、不運を招くものを映せば、その不運も2倍となります。このことを覚えて置くと、鏡の設置場所は選定しやすくなります。

 

まずはよく言われる、玄関の鏡です。玄関は、買い物を置いたり、靴を出したりと、散らかりやすい場所でもあります。鏡に、散らかった状態が映っては、風水的にはNGです。玄関は良い気も悪い気も入ってくる、いわばオーラの出入り口。そこが汚れていると、良いオーラが逃げてしまい、悪い運気ばかりが家に入るといいます。ですから、まずは玄関をキレイにして、それから鏡を設置しましょう。

玄関に鏡を置くと、良い気を反射して玄関の外に出してしまうから、ダメ! という説がありますが、これは間違い。鏡自体も、玄関もキレイにして、良いオーラを倍増させましょう。

 

鏡の設置を避けたほうが良いのは、水回りの鏡です。洗面所には鏡があるものですが、きれいに磨くようにしてください。浴室やトイレの鏡は、どちらの場所も、不浄の場所……つまり、身体にとって不要なものを流し去るための場所ですから、鏡を置くと不浄の気を倍増させ、おすすめできません。

 

寝室の鏡は、存在自体がNGではありません。ただ、寝ていると、昼間しょいこんできた悪運を排出しますので、それが映るのはやはり、悪い気を倍増させる行為です。寝室の鏡が「使わないときはカバーをかけて」といわれるのは、そのためです。もちろん、寝室に鏡を置くなら、映るものはきれいに整えておいて。リビングなども、きれいに掃除され、整えられていれば、鏡の設置場所としてはバッチリです!

 

結論としては、鏡の設置場所は、汚れやすい場所を避けていただければ大丈夫! ということ。少し光が入らず、暗いような場所に設置すれば、窓からの自然光を反射して、部屋を明るくし、その場の気を整えることもできる優秀アイテムです。是非風水を利用し、鏡をインテリアに取り入れてみてくださいね。

占いWalker編集部

About 占いWalker編集部

株式会社KADOKAWAとSTARMARK HOLDINGS PTE. LTD.で共同運営する占いコンテンツサイトです。