結婚が目標で恋愛する星座ランキング

結婚は都心部を中心に、どんどん遅くなる傾向があります。でも人生は一度きり。一人で生涯過ごすよりも、家族と一緒に暮らしたいと思う人は多いでしょう。あなたはどんな愛の形を望み、どんな家庭を築きたいと考えていますか?婚活ブームが示すように、恋愛=結婚と考える人が増えている中、結婚という形に縛られず自由にいたいと思う人もいるでしょう。今回は、『恋愛のゴールは結婚である』と考えて真剣に恋愛する星座をランキングにしました。パートナーはあなたを未来の結婚相手と考えているのでしょうか。それとも今が楽しければいいと思っているのでしょうか。

1位:やぎ座 2位:かに座 3位:おとめ座 4位:しし座
5位:おうし座 6位:さそり座 7位:てんびん座 8位:ふたご座
9位:うお座 10位:おひつじ座 11位:いて座 12位:みずがめ座

 カラー:イエロー、ピンク、ブルー

 アイテム:牛革のバック、スニーカー、絵画

 プレイス:海岸沿いのレストラン、ブラッセリー、公園

「D」「J」「K」

守るものがあることで仕事などが頑張れるようになる、山羊座男性。大きな目標を持っている場合には自分を応援してくれ、尊敬もしてくれるようなパートナーが必要だと考えます。そのため、中途半端な恋愛は苦手。知り合ってすぐ「いいな」と思った相手でも、遊びの恋で終わりそうな場合には関係を築こうとはしません。付き合い始めから結婚を意識しているわけではありませんが、「この人は長く自分を支えてくれそうだな」と感じると、結婚を意識します。

熱い心の持ち主である山羊座女性。恋愛すると真剣そのもの。本気でハマッたら、恋愛=結婚という考えが強くなります。それは結婚という形で結ばれていたいからではなく、「好きな人と末永くいたい」「ずっとそばでサポートして守っていきたい」と強く願うから。山羊座女性は純粋なのです。情熱的に尽くすので、結婚を成就させるようなお付き合いは得意でしょう。ただし一つの本気の恋が終わると深く傷つき、なかなか抜け出せないことも…。

バックナンバーを見る

 カラー:レッド、ネイビー、ブラック

 アイテム:大き目のモチーフが付いたハット、バングル、コットン素材のマット

 プレイス:風水的な建造物のある場所、飛行場、農場

「F」「G」「O」

一目惚れから恋愛がスタートすることも多い蟹座男性。そんな恋愛の始まり方でも、相手との関係を温めながらじっくり進みたいという気長な面があります。付き合い始めの頃は恋人にとても優しく、思いやりのある対応ができるのも特徴。愛情を注ぐのがうまいのでしょうね。稀に蟹座男性でも遊び人タイプがいますが、本来は真面目に恋愛するので、ゴールはやはり結婚でしょう。思い出を大切にするので、結婚は思いのほか早いかもしれませんよ。

ぱっと見は爽やかな蟹座女性。でも内面は意外に後ろ向き…という人もいます。過去に一度でも恋愛で失敗すると、なかなか相手を信じられなくなります。束縛したり、過剰に尽くしたり…。場合によっては尽くしすぎて相手が離れそうになることも。でも真面目で一途、全身全霊で相手のことを好きになるのは、蟹座女性の長所ですよ。恋はいつも命がけ。恋愛=結婚で、生涯一緒にいることを考えない恋愛などあり得ないということなのでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:シャーベットカラー、ホワイト、オレンジ

 アイテム:ロザリオ、コインケース、花柄のワンピース

 プレイス:高層ホテルのラウンジ、水族館、プラネタリウム

「A」「C」「H」

乙女座男性は冷静沈着ですが、意外にロマンティックな部分もあります。デート時の気遣いは相当なレベル。相手の気持ちを察するのが得意なのは大きな長所です。長い目で見ると無駄な時間であると分かっているので、遊びで恋愛をすることは滅多にありません。恋愛=結婚とすぐ結びつけたりはしませんが、付き合いが一年以上続けば、結婚を意識している可能性もゼロではありませんよ。乙女座男性は無責任な恋愛ができません。そのため、精神的に分かりあえる人を求めています。

恋愛に対して、打算的な部分がある乙女座女性。打算的と言っても物質的なものではありません。傷つく事を何よりも恐れるため、明日が見えないような交際はできないのです。そのため、付き合ってもあの手この手で相手の気持ちを探ります。好きな人とはずっと一緒にいたいので、恋愛のゴールは結婚と明確に思っています。言葉や態度ではクールに装いますが、本心は身も心もべったり恋愛したいのです。結婚が一番の幸せと考えるところもあるでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:オフホワイト、ベージュ、シャンパンゴールド

 アイテム:レースのキャミソール、ヒールの高い靴、エコバック

 プレイス:ドックカフェ、大きな噴水のある公園、草原

「E」「H」「K」

いつも堂々としている獅子座男性。何よりも面子を大事にするので、ステイタスが上がるような相手としかお付き合いしません。見た目、育ち、立ち居振る舞い、内面などが素晴らしく、自分の成長につながるような相手でないと目もくれないような一面もあるでしょう。そもそも相手に満足しているからこそ付き合いたいと思うので、交際が始まれば恋愛=結婚と自然に考え始めます。つまり付き合うことができれば、いつ結婚してもいいと考えている可能性が高いのです。

獅子座女性はプライドが高く、異性を見る目が極めて厳しいのが特徴です。自分自身が向上できる相手かが最重要項目。ステイタス、容姿、立ち居振る舞い、内面などが優れていないとお付き合いすらしようとしません。ある意味、堅実なタイプなのです。逆に言うと、獅子座女性の厳しい基準を突破し付き合いが始まった相手なら、いつ結婚しても構わないと思っているところがあります。恋愛=結婚。このようにシンプルに考えていることでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:エメラルドグリーン、ターコイズブルー、シルバー

 アイテム:スマートフォンアート、デジタルカメラ、薄型テレビ

 プレイス:電気店、フレンチレストラン、演舞場

「A」「W」「Y」

自分を頼ってきた異性には少々甘いところがある牡牛座。そして牡牛座男性はワガママでありながらもどことなく育ちの良さを感じさせる雰囲気があります。ワガママな分、恋愛では思う存分自分に合わせてくれるような、居心地のいい女性をリスペクトする傾向が。見た目や育ち、ステイタスよりも、自分が相手を気に入るかどうかを最優先するはずです。恋愛=結婚とすぐ考えることはありませんが、恋愛期間が長くなると、自然に結婚を視野に入れるでしょう。

若いうちから結婚に憧れる人が多いのが、牡牛座女性の特徴です。家庭環境が良かった場合には、幸せいっぱいの家庭を築きたいと願います。もしも親が離婚していたなど、何かしらの事情が家庭にあったとしても、自分は幸せを築きたいと願い、行動に出ることがしばしばあります。結婚をとてもポジティブに考えているのでしょう。それゆえ、男性からは重いと思われてしまう可能性も…。互いに「好き」という気持ちが強ければ、すぐに結婚する可能性もあります。

バックナンバーを見る

 カラー:ライトグレー、カーキ、ライトブルー

 アイテム:パーティーバック、イヤホン、メモリカード

 プレイス:角にあるカフェ、大きなオブジェがあるエントランスのマンション、

      球戯場

「G」「I」「S」

愛が憎しみに変わることもあるくらい、激しい心の持ち主である蠍座男性。遊び感覚で恋愛をすることは稀です。深く愛し合って、分かりあって、ドロドロになりたいと思うような激しい面も。明るい家庭を築けるか、否かはそのときの気分次第という感じ。この手のタイプの男性を攻略するのは、かなり難しいでしょう。恋愛のゴールが結婚という形とは必ずしも考えていません。ある意味深い考えの持ち主ですが、普通の感覚では理解するのは難しいでしょう。

情熱的なので「自分がこんなに想っているのに、そのくらいしか応えてくれないのね」と思うことが多いよう。裏切りそうな男性のことは、厳しく束縛することもしばしば。口うるさい部分がある蠍座女性のことを好きになる男性は意外に多いので、相性さえよければスーパーカップルに。付き合った相手と合わないと感じる部分が出てくると、恋愛=結婚という考えを切り替え、究極の恋愛を目指し、今以上に絆を深めるにはどうしたらいいかを考えます。

バックナンバーを見る

 カラー:オレンジ、サーモンピンク、ゴールド

 アイテム:クッション、アロマキャンドル、バスローブ

 プレイス:プールサイド、映画館、コンサートホール

「B」「K」「M」

天秤座男性には外での刺激を求め続ける傾向があります。また、恋愛は恋愛、結婚は結婚と割り切って考えるところも。恋愛観は極めて自由。一般的に言われる『真剣な恋愛のスタイル』とは少々ずれたところもあるでしょう。口説き上手で、お付き合いをする際に相手への配慮も抜群。相手が天秤座男性にハマッてしまい、結婚するつもりで交際しているととんでもないトラブルに発展してしまう可能性もあります。恋愛をする上では注意が必要です。

結婚しても外での刺激を求める天秤座女性。もちろん恋愛中も、恋人以外に異性の友達を募集し続けます。天秤座女性は、世間で言う『一途』とはかけ離れる傾向が強いのです。なぜなら知識欲や好奇心が旺盛なので、刺激がないと生きていけないタイプだから。恋愛が始まっても結婚という単純な発想はしないでしょう。じっくり吟味して恋愛を楽しむか、結婚相手として考えるか、相手の出方を見極めようとします。責任感のある異性からはイマイチ受けが悪いかも。

バックナンバーを見る

 カラー:グリーン、ネイビー、ブラック

 アイテム:ワイングラス、ランチボックス、革のベルトの時計

 プレイス:博物館、図書館、学食

「G」「N」「R」

双子座男性には、気分で恋を楽しんでしまうところがあります。そのため『恋愛上手』とも『遊び人』とも思われがち。刹那的な部分もあるため、今が楽しいから恋をするという気持ちが目立ってしまいます。恋愛=結婚と考える真面目で堅実な異性からは敬遠されてしまうかもしれませんね。しかし、相反する要素を持つ者同士は不思議と惹かれあってしまうのも定めです。双子座男性のことをまったく理解できないという異性とも、惹かれあって恋してしまうかも。

思わせぶりでやり手と思われがちな双子座女性。真面目な面と、軟派で散漫な面、両方が備わっているので、周囲からは恋愛上手と噂されることもしばしば。それが災いして同性の友人から後ろ指を指されることがあるので要注意。だからといって本人は考えを曲げることはないでしょう。恋愛=結婚ではなく、「好きだから一緒にいる」というナチュラルな考え方をします。結婚は、したいと思った時にたまたま付き合った人とする傾向が強いようです。

バックナンバーを見る

 カラー:イエローゴールド、シャイニィーグレー、ホワイト

 アイテム:栓抜き、シャンパン、BBQセット

 プレイス:キャンプ場、湖畔の側のホテル、コテージ

「C」「H」「O」

魚座男性は恋愛=結婚というストレートな交際を望みません。そして自分よりも一枚も二枚も上手の異性が大好きなので、曲がりくねった恋愛をしてしまうこともあります。ドロドロした恋愛を好むわけではないのですが、難しい恋を攻略したいと考えるのでしょう。独自の価値観を貫く傾向が強いので、自分を理解してくれる人を結婚相手に選ぶでしょう。個性が強く自分の考えを曲げないので、「付き合って楽しいけれど、結婚相手ではないかも」と考えることも。

何度失敗しても身も心も悩ませるような恋愛をしてしまいがちな魚座女性。結婚を考えるのは、「もうこれ以上恋愛するのは無理」と思ったときかもしれません。恋をゲーム感覚で捉えるところもあるのかもしれません。「この人をオトすことができるかな」という不謹慎な考えを抱く事もあるようです。なので、恋愛=結婚とはなかなか考えないでしょう。魚座女性には危険な魅力と独特の色気があります。恋の打率はかなり高いはずですが、長続きは難しいかも。

バックナンバーを見る

 カラー:ピンク、ホワイト、ネイビー

 アイテム:メモ帳、ブックカバー、ペットボトル

 プレイス:書店、デパートの地下、ドレスショップ

「D」「M」「Y」

牡羊座男性は、よく言えば素直。ただ飲み会や合コンなどでは『空気が読めない』『気を遣えない』『排他的』などと思われてしまい、敬遠されることがあるかも。気難しいと取られがちですが、そうではなくて好き嫌いがはっきりしているだけなのです。遊び人ではありませんが、付き合っている時にちょっとでも気に入らないことがあるといきなり別れを切り出すような、エキセントリックな面があります。恋愛=結婚とはまず考えないでしょう。

恋のハンター的な性格が強い牡羊座女性。手が届かないような相手を追いかけることに生きがいを感じます。すぐに手の届く相手だとなかなか燃えないので、恋愛=結婚と考えることは少ないでしょう。結婚は恋愛の延長線上にあるのではなく、自分の自由を尊重してくれる理解者や同士と呼べるような人だと思えた時に初めて考えるものなのです。表立って浮気をすることはなさそうですが、結婚後も心の中には好きな異性がいるということもあるでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:ピンクゴールド、イエロー、ライトグレー

 アイテム:亀の小物、大き目のピアス、レース小物

 プレイス:展示場、スポーツジム、動物園

「F」「T」「U」

自分に自信を持ち、野性味に溢れた射手座男性。持ち前の行動力で何人もの異性を虜にします。恋の打率はかなり高いでしょう。雰囲気もいいので周囲からはイケメンと思われています。神秘的で浮世離れしたものを好む傾向があるため、『天然』と呼ばれる異性に惹かれることも多いようです。射手座男性にとっては、相手のことがわからない、すべてが見えないことこそ恋の醍醐味。そのため、恋愛=結婚とはなかなかなりません。結婚後も家庭第一ではないでしょう。

行動力があり個性に満ち溢れたタイプが大好きな射手座女性。いわゆる『モテるタイプ』に惹かれるところがあります。恋愛と結婚は切り離して考えるため、生涯のうちにいけない恋を経験することもありそう。家庭は安住の地。家庭があるから外で頑張れると思いつつも、恋愛は恋愛で楽しみたい。そしていつまでも外の世界と繋がっていることを強く望んでいます。外と繋がる分、恋のチャンスも多め。恋愛がスタートしてもすぐに結婚とはいかないよう。

バックナンバーを見る

 カラー:ブラウン、ブラック、レッド

 アイテム:リボンの付いたアイテム、薄手のニット、ハット

 プレイス:地下のバー、瀧、植物園

「E」「I」「K」

何を考えているかわからない…。個性的な水瓶座男性は、このように言われることも多いはず。異性の好みには一貫性がなく、自身のキャラも独特。そのため周囲からは恋愛=結婚と考える人とは思われないでしょう。しかし本心では初恋の人のことをずっと引きずっていたりすることも。恋の失敗を心に刻み、「結婚するなら悲しい想いをしないで済む人がいい」と考えたりします。結婚を考える相手は、友人など自分の近くにいる人かもしれません。

恋愛はギャンブルみたいなものととらえる面がある、水瓶座女性の恋は突然始まり、そのまま相手の魅力にどんどんハマッていってしまいます。心のどこかで「不安定さが最高の色気を育ててくれる」と考えていませんか?そして相手に翻弄されることを望んでいませんか?危険な相手やうまくいかなそうな相手を好きになるということは、何より本人が分かっているはず。一生女でいたいと願うあなたは、恋愛=結婚という安住の地を目指して恋をしたくないのです。

バックナンバーを見る