ハロウィンとは?~占いとハロウィンの関係~

占いWalker編集部がある渋谷では、この時期たくさん仮装した人を見ることができます。特に先週末は、マンガやアニメに出てくるキャラクター、お姫様にパイレーツなど、ありとあらゆる仮装を見ることができ、とても賑やかでした。

ということで、今回は知っているようで案外知らない、ハロウィンの由来について調べてみました!

リストマークハロウィンと魔女と占いの関係

ハロウィンの定番の仮装といえば魔女ですが、魔女と占いの関わりは深いものですよね。占い師=魔女と思われていた時代もあったようです。

そもそも、ハロウィンの原型は、『サウィン祭』というケルト人が行っていた収穫感謝祭です。

ケルト人はもともと自然を崇拝していた民族で、魔女も自然を崇拝しその力を使って魔術を行っていたとされています。(タロットを学んだことがある人は、スプレットで「ケルト十字」というのを聞いたことがあるのではないでしょうか?)

サウィン祭の日は、「ドルイド」と呼ばれるケルトの聖職者たちが未来を占う日だったとも言われています。将来の伴侶の名前や何人の子供を得られるかといったことが占われたそうです。

魔女

from Clker.com

リストマークハロウィンって、何で仮装するの?

ハロウィンで、仮装をする理由ってご存知ですか?

ケルト人にとって、ハロウィンこと「サウィン祭」は、1年の終わりを意味するイベントでした。

10月31日の収穫祭は、夏の終わりの日。そして、夜にはあの世とこの世の境界線が曖昧になり、死者の霊が親族のもとに訪れるとされていました。

同時に、悪魔や妖精たちがいたずらをしにくるので、自分が生きている人間だということを悟らせないために仮装をしたと言われています。
リストマークカボチャのオバケは何のため?

定番の『カボチャのお化け』こと、『ジャックランタン』は、悪魔や妖精を怖がらせて家に入れない為の物でした。いわゆる魔よけのアイテム。怖い顔であればある程効果があるとされているようです。

ジャックランタン

リストマーク『トリック オア トリート』と唱えるのはなぜ?

サウィン祭の夜に徘徊する幽霊に食べ物とワインをあげる風習から、『食べ物をくれないと、いたずらするぞ』というフレーズが定着したと考えられているそうです。

日本でも、お墓や仏壇に食べ物をお供えをするという習慣がありますよね?日本版にしてみると、「お経唱えるので、おはぎ下さい」みたいな感じでしょうか?(笑)

日本では、すっかりコスプレイベントのような位置づけで年々盛り上がりを見せていますが、ハロウィンがキリスト教由来の行事ではないことから、実はアメリカやロシアの一部の学校では、ハロウィンのイベントは行わないようにと通達が出されているようです。

それはさておき、イベントを通じて季節の移り変わりを感じ取り、『自然の恵みに感謝する』ということは、とても素晴らしいことですよね。

イベントで友人たちと楽しい時間を過ごすのもいいですし、日頃外食続きの人は旬の食材を使った料理を作ってみることにチャレンジしてみては?

自然の恵みからたくさん栄養を頂いて、これからやってくる寒い季節に備えましょう!

◆来年こそは結婚したい!という人は必読!

┗マダム・セリカの電子書籍「あなたを待つ幸せな結婚占い」

AppStoreにて好評発売中

電子書籍

「あなたを待つ幸せな結婚占い」

マダム・セリカ著

350円

itunes_appli_on

占いWalker編集部

About 占いWalker編集部

株式会社KADOKAWAとSTARMARK HOLDINGS PTE. LTD.で共同運営する占いコンテンツサイトです。