ウソをつくのが上手い、駆け引き上手な星座ランキング

今回は、ウソをつくのが上手な星座のランキングをご紹介! 恋愛中、気になる相手のウソを見抜く秘訣など、ウソをついたときの星座ごとの特徴を教えます。これを読んだら、あなたも相手の行動や言葉が気になってしまうかも…? ウソを見抜いて、真実の恋を探しにいきましょう!

1位:てんびん座 2位:みずがめ座 3位:さそり座 4位:双子座
5位:おとめ座 6位:おひつじ座 7位:やぎ座 8位:おうし座
9位:うお座 10位:いて座 11位:かに座 12位:しし座

 カラー:シャイニーグレー、イエロー、パープル

アイテム:メダイ、クロス、シェルアクセサリー

プレイス:電器店、映画館、遊園地

「G」「J」「N」

社交的な天秤座は、縛られることが大嫌い。発見や面白さの多い、潤いのある生活を求めます。そのため、束縛が厳しい恋人を作ると、生活スタイルを制限されることを恐れて、ウソをつくことも。コミュニケーション能力が高いため、ウソをつく能力は抜群。相手に合わせて上手にウソをつくので、見抜くのが難しいです。しかも本人はウソをついた自覚がなく、リップサービスとしか思っていないことも…。相手にするときは真に受けすぎず、慎重に。

基本は常識人ですが、恋愛をゲームだと思っている面があります。器用なので、相手のタイプを見抜いて、上手にウソをつきます。しかもボキャブラリーが豊富で、説得力がある会話がうまく、ウソだとわかりません。都合が悪いと、相手を上手に乗せつつ、不快にさせないウソをさらっとつきます。偶然バレてしまった場合にも、すでにアフターフォローまで考えてあるので、巧みにかわします。相手にするときは、本音を見極める必要があるでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:ショッキングピンク、オレンジ、グレー

アイテム:風景画、立て鏡、玄関マット

プレイス:ビヤホール、大衆向けレストラン、山

「H」「I」「R」

直観力と洞察力を兼ね備えた水瓶座。うしろめたいと、直感でどんなウソをつけば気付かれないか、相手に合わせてパターンを分ける達人です。しかし、ウソをつかなくてもいいようなところでも、ついウソをついてしまいます。たとえば、少しの浮気をごまかすために、余計なことまで言ってしまうなど、ウソにウソを塗り固めていくタイプ。バレたとき、何がウソで何が本当なのか、自分でもわからなくなるほどウソをつくので、恋人は用心を。

遊び上手であり、ウソ上手でもある水瓶座女性。この手のタイプにかかると、手のひらで転がされまくるかもしれません。誰が聞いても心地よいウソがうまく、妄想するのが好きなのでウソを考えるのも上手です。情熱的で、遊ぶのが好きですから、恋人がいても目移りは当たり前でしょう。一途な恋ができない人が多く、いつも刺激を求めてしまうため、刺激に満ちた口説き方をされると、ついそちらにいってしまうタイプです。恋人は注意深く交際しましょう。

バックナンバーを見る

 カラー:ホワイト、ベビーピンク、ゴールド

アイテム:大きめのカバン、ショットグラス、リング

プレイス:寺院、飛行場、ワイナリー

「M」「O」「U」

つかなくてもよいようなウソを、なぜかついてしまう蠍座。好き嫌いがハッキリしていることが多く、気に入った相手に出会うと、数少ないチャンスを無駄にしたくないと考えます。そのため、恋人がいようとも、新しく出会った相手に興味津々で、上手に口説きます。異性の扱いに慣れているため、口説き落とせる確率も高め。そんな蠍座男性を不審に思った恋人が問いただすと、流暢なウソが炸裂します。何が本当かわからない演技派といえるでしょう。

嫉妬心をあおられると、策略家になってしまう蠍座女性。自分だけのNGワードを持っていて、それを言われると途端に豹変することも。ウソをついて相手の本心を探りだす様は、悪女そのもの。でも、たとえば恋人が浮気をしているのではと疑惑を感じたときは、誘導尋問で巧みに探り出します。話術にのせ、本音を引き出す浮気発掘Gメンのよう! 携帯電話の中身も見ているかもしれません。一方で、自分が浮気をしたときのウソが下手な星座です。

バックナンバーを見る

 カラー:ターコイズブルー、ライトブルー、アイボリー

アイテム:ハット、パーティーバック、粗塩

プレイス:駐車場、プラネタリウム、水族館

「D」「F」「H」

一見、ウソが上手そうな星座なのですが、そうでもありません。遊び上手でモテるので、恋人がいてもほかの異性に刺激を求めますが、一方で恋人のことは大切にします。フェミニストで女性の扱いが上手なため、見抜きやすい下手なウソはつきません。余計なことも口に出さないので、浮気もバレにくいでしょう。もし、ウソをついていると分かったとしたら、本命だと思われていない可能性があります。明らかに下手なウソをついているときは、要注意です。

双子座女性は、異性と戯れるのが大好き。簡単に身体は許しませんが、男好きな人が多く、デートや合コン、飲み会など、恋愛ぎりぎりのゲームを楽しみがち。相手のウソにも寛容で、自分も下手なウソはつきません。本命には素直でいたいと思う、かわいい一面も持っています。その代わり、すこし興味がある異性には、平気でウソをつくことがあります。恋人がいても「今はいない」と平然と言うことで、多くの異性とのゲームを楽しもうとするでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:イエロー、ブラウン、ホワイト

アイテム:ハンカチ、スカーフ、大きめのリング

プレイス:動物園、演舞場、高層ビル

「F」「T」「S」

肉体的に恋人を裏切ることはほとんどありませんが、精神的には浮気をしやすいタイプ。浮気のボーダーラインは人によって違いますが、デートで映画を観るなど、恋人以外の異性と食事以上の関係をもった場合、ウソをつきます。ただし、賢いので、周囲に分かるようなウソはつきません。「友人の相談にのっていた」というような、ありがちなウソをついても、誠実に聞こえる言い方をしてきます。意外に手ごわいタイプなので要注意です。

冷静沈着で、面白みに欠けるところがある乙女座女性。周囲の異性を冷静に分析していることが多く、合コンなどの軽めの席では損をすることも。普段は色っぽさを異性にアピールしませんが、実は隠れお色気系の人が多いです。ただ、そこまで浮気症ではないので、ウソをつくことも少なめ。でも、いざ浮気をすると、持ち前の観察力を活かして、相手を煙に巻くような完ぺきなウソをつきます。浮気をしたときの分かりにくさはトップクラスといえるでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:シルバー、ピンク、レッド

アイテム:ソーイングセット、キーアクセサリー、ブレスレット

プレイス:アンティーク家具のある場所、洞窟、静かなバー

「I」「K」「W」

恋人を大切にして尽くす牡羊座男性。好き嫌いが激しく、あまり異性の友人は作りませんが、意気投合すると急接近しがち。異性の友人も大切にし、恋愛相談もよくします。基本的に恋人に誠実でいたいと考えますが、異性の友人も同じくらい大切。そのため、恋人に「あまり異性の友人に会わないで」などと言われると、内緒で会うことも。その口実のためにウソをつく場合がありそうです。ただ、浮気症ではないので、そこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

家庭的なタイプではない牡羊座女性。いつまでも恋愛の刺激を受けていたいと考え、追いかけ続けるような切ない恋を好みます。リスクの大きい恋愛や刺激に満ちた恋愛を多く経験するでしょう。相手にウソをつかれると燃えるのですが、自分ではウソはつけないタイプです。器用さとは無縁で、恋をすると素直。振り回される恋愛を好むため、条件の悪い相手につかまってしまうと、駆け引きなんて一切できません。心がすさんでしまわないよう注意が必要です。

バックナンバーを見る

 カラー:オレンジ、イエロー、オフホワイト

アイテム:アロマオイル、サプリメント、スカーフ

プレイス:テニスコート、競技場、博物館

バックナンバーを見る

「E」「F」「O」

誠実で慎重な山羊座男性。亭主関白な一面があり、女性に立てられると嬉しくなって、自慢げに夢を語るカワイイ面を持っています。基本的に長続きする恋愛を好み、本命の恋人を大切にするので、下手なウソはつかないでしょう。必要最低限のことしか言わないので、秘密主義のようにも見えますが、大切な恋人にはあまりウソをつきません。もしウソをついてもかなり分かりやすいので、突っ込めば本当のことを教えてくれるでしょう。

感情表現が苦手で、自己アピールで損をしがちな山羊座女性。一途なので、浮気することはそうそうないでしょう。ウソをつくのも、つかれるのも嫌なタイプです。しかし恋人は、自分とは逆のタイプを選びがち。相手が不誠実の場合、相手のウソに狼狽してしまいます。純粋な恋愛関係を築けないことに深く傷ついた結果、極端に発言をウソで塗り固める人に変わってしまうことも。純粋すぎるあまり、ウソつきに変身してしまう可能性を秘めています。

バックナンバーを見る

 カラー:ブルー、グリーン、ネイビー

アイテム:ターコイズ、陶器、デジタルカメラ

プレイス:公園、湖、空港

「B」「G」「M」

無邪気で天真爛漫な個性を持つ牡牛座男性。時にわがままで、幼稚なふるまいをしてしまうので、煙たがられることも。趣味を大切にするので、趣味を邪魔されたり、生活を束縛されたりすると、ウソをつくことがありそうです。しかし、浮気をするためのウソはつかず、あくまで自分の世界やペースを守るためなので、気にしないで良いでしょう。どんなにバレていると分かっていても、面倒くさいと思うだけでウソをつくのでギャグだと思うほうがいいかも。

結婚という言葉に敏感なタイプが多い、牡牛座女性。好きな人に生涯添い遂げたいと、純粋に願う人が多いようです。人にされて嫌なことは自分がしない、という想いがあるので、ウソはつかないでしょう。洗練された軽めの恋愛傾向の男性には、重すぎると煙たがられがち。そんなタイプに恋をすると、やきもちも激しいので、ウソをつかれることもしばしばです。素直すぎると、時として面白みがないと思われて損なので、たまに付くウソなら方便と考えて。

バックナンバーを見る

 カラー:パープル、ホワイト、チャコールグレイ

アイテム:チケット、マニキュア、長財布

プレイス:クラブ、海、イベント会場

「C」「F」「J」

自分から恋の罠を仕掛けるのが大好きなタイプ。魚座らしく「釣り」のような恋を好みます。ロマンティストなので、口説きたい異性の前で情熱的になり、自分を身の丈以上に見せることで、相手を釣り上げようとすることも。また、年齢差があったり国籍が違ったりなど、自分とかけ離れた世界に住む異性を好みます。ただ、基本的に恋人にはあまりウソをつきません。正確に言うと、必要なこと以外は言わず、無駄な発言が少ないタイプです。

気が多いので、浮気されても相手の不審な行動に気付かないことが多いでしょう。交際相手が不誠実でも、それに気づくのが遅れ、気付いたときには遅すぎることも。でも、あきらめが早いので、次のターゲットを探しに行くのも早いでしょう。いつも多くの異性に注目されていたいので、同性に嫌われる行動を取りがち。そのせいで、恋愛関係で同性の友人にウソをつくことはありそうです。異性には嫌われたくないので、基本的にウソはつかないでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:ブラック、ネイビー、カーキ

アイテム:ペンケース、革製品、カチューシャ

プレイス:ドーム型の施設、遊園地、南の島

「K」「S」「Y」

まるでサバンナで獲物を待ちかまえ、来た瞬間に急接近するヒョウのような射手座男性。頭の回転がとても早く、恋人に後ろめたい事実を作ってしまったときは、得意の話術で相手を説得します。会話の切り返しがうまく、話をそらすのも上手なので、わざわざウソをつかずに済むのです。恋人にとっては大変な相手といえますが、もともと恋愛の雰囲気作りのうまさが上手なので、恋人には不快感を与えないでしょう。

いつでも新鮮さを求める射手座女性。趣味も多く、活発で、都会的なファッションセンスが抜群です。友だちも多く、仕事も好きな人が多いので、出会いの場に出向くことも多いでしょう。実は秘密主義のところがあり、同性の友人にべったりされるのが苦手なので、同性の友人には社交辞令的なウソをつくことがあります。個性的な異性を好み、恋を長続きさせたいと思うので、異性に対してはウソをつかないことが多いでしょう。

バックナンバーを見る

 カラー:グリーン、カーキ、ホワイト

アイテム:揺れるピアス、革小物、ipad

プレイス:瀧、流れの激しい川、果実園

「D」「E」「M」

基本的に甘えん坊で、素直な子供のような一面があります。ウソをついても、恋人に問いただされると素直に話しますし、もともとあまりウソはつかないでしょう。自己愛が強いので、心配性なところがあります。そのため、ウソをついたり秘密を抱えたりするような相手は好みの外見でも交際はしません。一度好きになると、心変わりすることもあまりないでしょう。ただ、例外的に性欲が強い人は、割り切った関係を恋人以外に求める場合があります。

独占欲が強く、強情な一面がある蟹座女性。自己愛が強く、また母性本能が強いため、相手に求めることが多く、厳しくなりがちです。そのぶん、異性に遊ばれる可能性は低そうです。基本的に慎重で誠実なので、恋人に対してウソはつかないでしょう。そして、恋人に厳しいあまり、相手を怪しいと感じたら問い詰めることもしばしば。相手にウソをつかれたとわかると、それを暴き立て、早々に交際を終わらせることがありそうです。

バックナンバーを見る

 カラー:レッド、ブラック、シルバー

アイテム:スマートフォン、イヤホン、カーテン

プレイス:ワインバー、フレンチレストラン、セレクトショップ

「A」「K」「Y」

大勢のなかにいてもキラリと光る一面があるのが獅子座男性。自分自身の努力もあり、見た目に関係なく目立つので、知らない間に人から見られていることもしばしば。そんな目立つ自分の存在感を知っているため、恋人にあまりウソはつかないでしょう。そもそも、プライドが高いので、満足のいく相手としか付き合わないので、大切な相手に失礼なふるまいはしません。ただし、条件の良い異性が現れると、興味を持つ心を隠すことはできないようなので、要注意。

正々堂々と恋をする獅子座女性は、好きな相手にウソなんてつきたくないもの。自分が好きになって輝いていけるような、パワーをもらえる恋愛が好きです。そのため、ウソをついていないのに、疑ってくるような異性は、面倒に感じて嫌います。まっすぐな面があるので、心変わりさえ素直に話すので、小悪魔な部分があるかもしれません。また、派手なキャラクターで華があるため、別れた恋人からは「自慢の元彼女」と思われていることが多いのも特徴です。

バックナンバーを見る