やぎ座の遠距離恋愛は結婚につながりにくい!?

2012年に3人目の妻でプロゴルファーの東尾理子さんが男児を出産し、58歳で父親になった、石田純一さん。

かつては、プレイボーイとして色々な女性と浮名を流していたようですが、これを機に真面目にパパ業に専念するのだとか?

そんな、石田純一さんは、1954年1月14日生まれのやぎ座。22歳年下の妻でさそり座の東尾理子さんとは、一体どんな結婚生活をおくっているのでしょうか?

やぎ座さんの結婚観を、東洋・西洋占星術研究の第一人者である上田きょうや先生に伺いました。

★☆やぎ座の結婚観☆★

やぎ座

やぎ座さんは男女とも、基本的に恋愛において華美を嫌い、実質本位です。仮に非常に華やかなおしゃれを好むやぎ座女性でも、心の底には質素な感性が潜んでいます。結婚というものが、好きなものがすべて手に入る魔法の環境だとは思っていません。

むしろ適度の障害があるもので、現実的に納得のできる「当たりまえさ」「平凡さ」のようなものがあるものだと思っています。結婚とは夫婦で苦労して作り上げるものだという感性も自然に備わっています。

やぎ座男性は、女性に対してこだわりについて話すため、一見、高め狙いですが、実際は目の前にいる異性を尊重します。生活を共有できる人を求めたいという気持ちはかなり強いと言えるでしょう。

また、自分の結婚相手は、決して楽をしていては手に入らないものだという思想のようなものを持っています。やはり現実の手応えを求めているということでしょう。

また、やぎ座さんは男女とも、「遠くのアイドルよりも近くの恋人」です。そのため、長距離恋愛では、結婚へのリアリティーが生まれにくく、実ることが少ないです。