きょうや式・星座別攻略法 ~天秤座の同棲生活~


同棲したら、あの人は変わってしまうのかな?

仲良く同棲を続けるためには、どうすればいい?

二人の関係がもっと深まる同棲生活にするために

知っておきたい「同棲生活の攻略法」を分析しました!



◆てんびん座さんが同棲をしようと思うキッカケ

てんびん座さんは非常にスッキリとしていて、白黒はっきりとしている個性のようでいて、実際には相手に押しかけられると弱いところがあります。強く言い寄られると「なんとなく引きずられる」という場合も多々あるでしょう。ただ、そんな時もあまり感情的にウエットにならず、「それが楽しいから」と割り切った気持ちになりやすいところも特徴です(決して自分を誤魔化しているわけではありません)。

また、てんびん座さんは相手とのスムーズな「ノリ」のようなものを、はかなり大切にします。その「ノリ」のレールのようなものに乗ると、どこまでも突っ走ります。日頃一人ではそのノリを自分で作りだしているのですが、ちょっと強引な相手がそのノリのレールをてんびん座さんのためにうまく敷くと、そこにスッと乗ってしまい、そのまま同棲ということは良くあります。

なお、基本的に「NO!」を言うのが嫌いな星座なので、恋人との関係がなにもトラブルのないスムーズな関係である限りは、同棲の可能性は残っています。「ど、同棲しないか!?」とおおごととして意気込むより、気軽に同棲生活に移行したいと考えています。

てんびん座さんは同棲に対するハードルが低いか、高いか?という質問に対しては、「かなり低い」というのが答えになります。


◆てんびん座さんは同棲するとどう変わるのか

てんびん座さんは同棲しても、表面上はあまり変わりません。互いにかわす会話そのままの付き合いです。あまり事を荒立てず、スムーズな毎日を好みます。同棲している相手を高く評価したいという気持ちは強いです。何かの際に恋人が頼りがいのあるところを見せると、てんびん座さんは男女とも、かなりよろっと来ます。

同棲生活の内容は、相手の性格によるところが大きく、一般には相手にかなり引きずられます。ただし、生活を続けるうちに、てんびん座さん特有の怠け癖がでる場合があり、そのようなときは、生活はだんだんと堕落してゆきます。優しくて、穏やかだから同棲したものの、どんどんワガママになっていく場合もあります。そんな時は恋人が、レールを敷き直す意味で「活!」を入れる必要があります。そのときのてんびん座さんは聞きわけがよいのが普通です。話し合いをするときも、恋人がリードするようなつもりで、少し強気に判断をしながら進行させると、結果的に好かれます。てんびん座さんは、議論自体は大好きです。


◆てんびん座さんとの同棲を成功させるには?

てんびん座さんにとって「カッコイイ同棲関係」であることは非常にポイントが高く、それを人前で見せる機会があると、最高です。たとえば、人がうらやむような新しいスタイルの生活をふたりで築いていたり、カッコいいインテリアでそろえていたり、ふたりがとても楽しそうにうまくやっていることを周囲にアピールするだけで、安定します。また、てんびん座男性のことは、人前では立ててあげることが大切です。てんびん座女性の場合も、二人が調和してうまく生活をエンジョイしているところを、周囲に強調すると良いでしょう。てんびん座さんの「無意識の見栄」に訴えかける方法で、彼・彼女らはそれだけで満足します。

なお、二人でいるときは、恋人が話していることに裏表がないのだということがはっきりとわかるような会話が大切です。多少語気が強くても構いません。スッキリ・ハッキリ会話するのが一番です。


<てんびん座さんと同棲してうまくいく星座>

おひつじ座・ふたご座・みずがめ座・てんびん座

<てんびん座さんと同棲してうまくいかない星座>

かに座・やぎ座・うお座・おうし座



【Kindle版】きょうや式・星座別攻略法~恋愛成就編~

きょうや式・星座別攻略法~恋愛成就編~

◆意中の相手を振り向かせる、恋愛必勝占いマニュアル完成!

きょうや式・星座別攻略法とは、相手をうまく攻略するために星座ごとの特徴をとらえるシリーズです。

「恋愛成就編」では、「恋するあの人は、いったいどんな恋愛観を持っているの?」「あの人を口説き落とすために効果的なアプローチ方法は?」という疑問に、西洋占星学研究家・上田きょうや先生がお答えします。星座ごとの恋愛傾向から、あなたの恋愛を成就させる、最適なアプローチ方法がわかります!


◆ダウンロードURL: http://bit.ly/seizabetsu_renai

☆★詳細&ダウンロードはコチラ★☆

上田きょうや

About 上田きょうや

1961年静岡県生まれ ふたご座 立教大学大学院英米文学研究科博士前期課程卒業。 現在、中野区在住。作家、芸術評論家、西洋占星学研究家、詩人、FMパーソナリティー他。TOEIC985点。 美学を専攻していた大学時代に、芸術を通して西洋占星学 の感性の実在を実感、研究を始める。米留学中に多くの文献と出会い、人間の内面を探求する芸術的感性に基づく西洋占星学を追求している。米国占星学連盟会員。東洋占星術算命学の最終位「歳位」取得。