きょうや式・星座別攻略法 ~双子座の同棲生活~


同棲したら、あの人は変わってしまうのかな?

仲良く同棲を続けるためには、どうすればいい?

二人の関係がもっと深まる同棲生活にするために

知っておきたい「同棲生活の攻略法」を分析しました!



~ふたご座との同棲を成功させるには?~


◆ふたご座さんが同棲をしようと思うキッカケ

ふたご座さんは言葉には敏感ですが、雰囲気から恋人が同棲したいと思っているかどうかを見抜くことはできません。「なんとなく」同棲に進むことは少なく、かなりべったりつきあっているか、言葉や会話で約束をかわしているかのどちらかでないと、同棲というステップに進みにくいところがあります。

また、ふたご座さんは男女とも、お互いのギヴ&テイクの感覚を大切にしています。甘えあって迷惑を掛け合う関係よりも、プラス思考でお互いのメリットを尊重します。そのため、同棲にたどり着く前には合理的な思考があります。合理主義者で実質本位なのですが、それでいてクールというのではなく、大変情熱的かつロマンティックに同棲を考えています。

ふたご座さんは同棲に対するハードルが低いか、高いか?という質問に対しては、「かなり低い」といえます。


◆ふたご座さんは同棲するとどう変わるのか

ふたご座さんはおそらく、同棲によってもっとも変わることの少ない星座の一つでしょう。「自分が変わってしまうくらいなら同棲しない星座」という見方もできます。

ふたご座にはマメな人もそうでない人もいるのですが、基本的にマメな関係を築くことがベストとは言えます。ふたご座さんは相手の言葉での反応を気にする性質が強いため、なにかとコミュニケーションを求めるのが普通です。部屋に帰ると、自分が今日一日あったことを何らかの形で言葉にして伝えます。もし、以前よりも交わす言葉が減り、無口になったら、イエローカードです。

また、相手のやってくれること・自分のできることの配分バランスに敏感です。最初に約束したことを忘れてしまったり、変わってしまったりすることは多々ありますが、言葉で思い出させて上げれば、きちんと遂行します。「前にこれはあなたがやる当番って決めたよね?」など、言葉で伝えましょう。かならず言葉が必要になるので「言われる前にやってほしい」と思う星座の人たちは、ストレスをためます。ふたご座さんは「言ってくれればやるのに」といつも思っていますが、それはストレスをためる星座の人たちにとっては、ご都合主義の言い訳に聞こえるでしょう。


◆ふたご座さんとの同棲を成功させるには?

ふたご座さんは、話して納得すれば生活上必要なことはやってくれるので、その点では協力的なパートナーだと言えます。ただし持論に固執するところがあり、その場合はあなたの方がさらに論理的でないとなかなか意思疎通が難しくなります。

「あなたはこれをやる、その代わり私はこれをやる」といった意識的な共同作業の分担をすると、一体感が非常に強まります。この時に注意すべき点は、ふたご座さんの気持ちを察して動くのではなく、ふたご座さんの言ったことを尊重し、恋人の側も言葉でやるべきことを言って、互いに行動するということです。ふたご座さんにとって、相手が黙って行動したことは、それを説明されない限り、相手が好きでやったことに過ぎず、自分との共同作業とは見なさない場合があるためです。

このように、ふたご座さんとの共同生活においては、お互いにマメなコミュニケーション関係を築くことが第一の目標です。なれ合いになりすぎている関係は、ある意味不安定な状況です。「言わなくてもわかってくれているだろう」という判断は、最終手段としてとっておくべきでしょう。

なお、ふたご座さんにとって、星座によって相性の善し悪しは比較的少ないといって良いのかもしれません。少なくとも本人がそう思っているケースは多いでしょう。


<ふたご座さんと同棲してうまくいく星座>

いて座・みずがめ座・てんびん座・ふたご座

<ふたご座さんと同棲してうまくいかない星座>

うお座・おとめ座



【Kindle版】きょうや式・星座攻略法 ~ 子育て編~

きょうや式・星座攻略法 ~ 子育て編~

◆子育ての迷いはこれで解決!

星座別で育て方を変えれば、子どもはもっと伸びるものです。星が教える上手な子育て方法を伝授します。

西洋占星学研究家であり、さらに長年、英語講師も勤めている上田きょうやが、

お子さんの特徴を星座ごとに分析し、秘めた能力をもっと伸ばすための方法をお伝えします。


◆ダウンロードURL: http://bit.ly/seizabetsu_kosodate

☆★詳細&ダウンロードはコチラ★☆

上田きょうや

About 上田きょうや

1961年静岡県生まれ ふたご座 立教大学大学院英米文学研究科博士前期課程卒業。 現在、中野区在住。作家、芸術評論家、西洋占星学研究家、詩人、FMパーソナリティー他。TOEIC985点。 美学を専攻していた大学時代に、芸術を通して西洋占星学 の感性の実在を実感、研究を始める。米留学中に多くの文献と出会い、人間の内面を探求する芸術的感性に基づく西洋占星学を追求している。米国占星学連盟会員。東洋占星術算命学の最終位「歳位」取得。