さるやの恋の辻占い

裏面

宝永元年(1704年)創業の『さるや』は、江戸名物の一つ「猿屋の楊枝」として数えられ、300年もの歴史があります。

そして、江戸時代には、その爪楊枝を包む"恋の詩"が書かれた3センチ四方の小さな紙が、江戸の花柳界の粋な小道具として使われていたそうです。
お洒落で粋な『さるやの恋の辻占い』で、あなたの恋のゆくえを占ってみましょう。