林巨征
林巨征

東京都内在住(最寄り駅 東急東横線都立大学)
占術歴 30年 主に東洋占術、中でも方位や風水調整を用いた開運を専門分野とする。
中でも、日本全国の顧客を対象に生産財営業を10年ほど経験しており、その中で用いた「金函玉鏡」や「九星気学」「奇門遁甲」などの東洋系占術と使用結果などの実データを基に、方位術によるサクセス技法を確立。自らを「サクセスプロデューサー」と定義する。

大学では数学を専攻するが、数学よりも易学に傾倒し優秀な学生ではなかった。卒業後、占術の腕を磨く傍ら、巨大製造業に30年間勤務。そのとき、新事業立ち上げをいくつも経験する。現在占術以外に経営コンサルタントをメインの業務にしており、中小企業やベンチャービジネスの経営相談を受けている。

0